新宿でできる医療機関の種類

医療脱毛の種類には、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー、YAGレーザー、ライトシェア・デュエット、G-MAXがあります。

それぞれの特徴はどんなところでしょうか?

医療脱毛をしようと考えている人は医療脱毛の種類についてチェックしておきましょう。

ダイオードレーザーは、名前の通り、ダイオードを光源としているレーザー脱毛で、世界でも多く利用されている医療レーザー脱毛の機器です。

照射範囲が広いので短い時間で脱毛ができること、集中冷却システム搭載で低刺激で痛みが少ないこと、産毛の様な細い毛でも脱毛が可能であることなどが特徴です。

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使用したレーザー脱毛で、米国FDAより認可されている医療レーザー脱毛機器です。

脱毛だけではなく、しみや痣などの治療にも効果があります。

ロングパルスヤグレーザーは、レーザー機器の中で波長が最も長くて、深部まで届くレーザー脱毛が可能なので、肌の色が黒い人、男性の濃いヒゲや体毛などに効果があります。

YAGレーザーもロングパルスヤグレーザーと同様に波長が長く、深部まで届くので、男性の濃いヒゲなどに効果があります。

メラニン色素への吸収が低いので色素沈着の箇所などでも比較的安全に使用できます。

ライトシェア・デュエットは、肌を吸引しながら照射するレーザー機器で、痛みを軽減しながら脱毛できます。

日本人の肌質に適していていること、照射範囲が広いことなどが特徴です。

G-MAXは、肌の弱い人でも比較的安心して脱毛できるレーザー機器で、毛根が深かったり硬い毛でも脱毛できます。