新宿で医療脱毛をした後の注意

新宿には安心して効果の高い医療脱毛の施術ができるところがあります。

医療脱毛をした後は、せっかく時間とお金をかけて施術をしたのですから、必ず幾つかの点について注意する様にしましょう。

医療脱毛と言うのは、様々な種類のレーザー機器によって、毛の部分を照射して脱毛していくのですが、このレーザーを照射した箇所は、医療脱毛後、紫外線に当てるのはNG行為です。

医療脱毛後、すぐに紫外線に当てると、その箇所にしみができる原因になります。

よって、医療脱毛をする場合、特に夏など紫外線の強い時期は帰宅するまでのことを考慮して、長袖や帽子など脱毛箇所をしっかりカバーできる服装で行きましょう。

およそ2週間くらいは、外出時に直射日光に当たらない様に十分注意しましょう。

肌が黒目の人はレーザー火傷をしやすいので、脱毛後はしっかり日焼け止めクリームなどで肌を保護してあげましょう。

また医療脱毛と言うのは、一回で全て脱毛できると言うのではなく、その時に発毛して反応した毛根のみが脱毛できるものです。

基本的に一つの毛穴には幾つかの毛根があり、毛周期と言う毛の生えるサイクルがあるので、レーザーが届かなかった発毛していない毛根については毛が生え始めた時に再度レーザー照射をする必要があります。

ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すには、毛周期を考慮した医療脱毛を何度がする必要があります。